横浜美容クリニックHOME > メディカル(医療)ダイエット

メディカル(医療)ダイエット

期間限定初夏のキャンペーン実施中。2017年10月31日まで!

期間限定オータムキャンペーン実施中。2017年10月31日まで! 詳細はこちら

3ヵ月間(12週間)医師とともに行うダイエットプログラム。
カルテを作成し変化を記録しながら行います。


実施モニター結果
3ヵ月間(12週間)の実施結果 ウエスト-10cm 体重 -8kg

体重やウエスト等の体のサイズはもちろん、血圧や体脂肪率、筋肉レベルや基礎代謝量の推移も計測し、無理のない本来の健康状態を医師が把握しながらダイエットプログラムを行います。

ダイエットプログラムでの身体の変化

※数値はプログラム実行モニターの実際のものです。数値には個人差がございます。

 

施術前
3ヶ月(12週間)後
施術後

医師によるダイエットプログラム他のダイエット法と何が違うの?


1) 現在の気になる皮下脂肪を注射で直接溶かします。 2) 摂取する食事の脂肪吸収を処方薬により抑えます。 3) 体質そのものを太りづらい体質に点滴で改善します。

ダイエットは本来、“健康”のために
  必要な医師による“治療”と考えています。

今、巷では様々なダイエット法やダイエットに関する書籍などが あふれています。 ダイエットへの関心は高く、ダイエット試みる人も多いですが、 一方で途中で挫折し、リバウンドの為にダイエット以前よりも 太ってしまったり、本来“健康のために”行うダイエットが結果 健康を害する結果になってしまう問題が出ています。 また、体重は減少しても、無理なダイエットで必要な栄養素が不足し肌がボロボロに なったり筋肉レベルまで減少してしまったり、せっかく痩せてもやつれて老けた印象 を与え、美しさを損ねてしまっている場合もあります。 横浜美容クリニックで行うダイエットプログラムは医師である私が、患者様の カルテを作成し、健康的に体重を減少させるプログラムです。 ダイエット本来の目的である“美”と“健康”を維持しながら確実にダイエットを行います。

 

現在の気になる皮下脂肪を注射で直接溶かします。

脂肪溶解注射(メソセラピー)

脂肪溶解注射(メソセラピー)により、気になる部分(お腹、二の腕、太もも、顔等《イラストを参照》)の皮下脂肪を直接溶解します。 脂肪溶解注射(メソセラピー)は体に害のない大豆由来成分で、脂肪細胞を液状にし排出させるものです。 気になる皮下脂肪の溶解以外に、セルライトの除去にも効果的です。

脂肪溶解注射(メソセラピー)について詳しく


摂取する食事の脂肪吸収を処方薬により抑えます。

食事の際は処方薬「ゼニカル」を服用

処方薬「ゼニカル」は、食後、または食事中に服用します。ゼニカルは、胃腸の中の「リパーゼ」と呼ばれる脂肪分解酵素の働きを長時間にわたって抑える専門薬です。食事中の脂肪分の吸収を抑えることでカロリーをコントロールします。

ゼニカルについて詳しく


摂取する食事の脂肪吸収を処方薬により抑えます。

ダイエット点滴を行います。

痩せやすい体質をつくり、ダイエットの効果を助けます。
安全でリバウンドの少ないダイエット点滴です。

代謝を亢進して、脂肪燃焼を促進します。その結果、脂肪がつきにくい体質に改善します。
さらに必須アミノ酸を補給することで、筋肉疲労改善効果も期待できます。


だからツヤとハリのある肌はそのまま。
ぐぐっと痩せられます。

3ヵ月間(12週間)  計7回の通院により施術を行います。

継続して施術を行うことでダイエット本来の目的である“美”と“健康”を維持しながら
確実にダイエットを行います。

3ヶ月間の身体の変化のグラフ

施術の経過(写真)

通話無料のフリーダイヤル(携帯電話・PHSからも無料です)
0120-63-0031
  • メールで無料相談
  • 無料カウンセリング予約


医療ダイエットプログラム体験者の声

ダイエットプラグラムを実際に体験していただいた方の声をお届けします。

ダイエットプラグラムを実行して3ヵ月と少したちました。
現在、7.5kg減です。ウエストはマイナス10cm。

若い頃のズボンがはけるようになったり、 おしゃれ(服装)に気をつけるようになりました。
これまでは、どんな服を着ても、自分の体型そのものに、 愕然とすることが先立って、洋服そのものに興味がもてなかった気がします。 最近、人と会うことにも積極的になりました。

よく言われるのは「なんかすっきりしましたね。」 ということと、それとあわせて言われることで印象深いのは 「顔色が良くなりましたね。」ということです。

ダイエット経験はこれまでも数多く、 その期間は「苦労」や「我慢」というイメージを持っていましたが、 今回は2週間に一回の計測に対して、 計画的にゲームでも楽しむかのように、 着実にコントロールされて痩せていっています。 あせりも、我慢も正直ありません。

体重計にのる度、日々“高揚感”を持続しながら活動的な生活に切り替わり、 どんどん“元気”になっていく気がします。

他の体験者も「元気になっている感じがある」と、 言っていると聞いていましたが、本当にその通りです。 私、仕事柄、付き合いも多く外食や飲み会のようなイベントも 多いです。

これまでであれば、そのようなイベントのたびに、 増えてしまう(戻ってしまう)体重に愕然としてダイエットそのものを あきらめてきたのですが、 今回は、「あれ?増えてない」という事実と、 着実に落ちていく体重に喜びを感じています。

また、院長から言われた「お肉は絶対に食べてください。筋肉を落としてしまっては リバウンドしますから。」というアドバイスもびっくりするほど、 その効果を実感しています。

今回は単に体重が落ちたということはもちろんですが、 それ以上に健康的な生活で日々仕事などに対する集中力もあがった印象がありますので その感謝の気持ちを込めてこのような長文とさせていただきました。

院長、ありがとうございます! (これからもよろしくお願いします♪)

東京在住 Sさん


リバウンドのメカニズム


リバウンドとは

ダイエットをして体重が落ちた後、また元の体重に戻ったり、前以上に太ってしまうことを言います。

しかし、リバウンドの本当の怖さはそこにありません。何度も同じように食事制限をしてのダイエットとリバウンドのサイクルを繰り返す度にアナタの体は痩せづらく、太りやすい体質へと変化していることなのです。

大きな要因は食事制限

リバウンドの大きな原因が【食事制限】による無理なダイエットにあります。

食事制限をして、ダイエットをした場合 一日に必要な量より少ない食事をします。 その結果、エネルギー不足となります。

その不足を脂肪から補うために体内の脂肪が減り、痩せていきます。(右記図1参照)

図1. 食事制限開始時の体の状況図1. 食事制限開始時の体の状況


1ヵ月後:停滞期

食事制限を続けて1ヶ月位しますと、少ないエネルギーでも生活できる体に変化します。

この変化を「ホメオスタシス」と呼びます。

「ホメオスタシス」が働くと、脂肪からエネルギーを補う必要がなくなるため、体重が減りにくくなります。

これが停滞期であり、体重が減らなくなるため、 ダイエットを試みた多くの方はここで挫折して、元の食事量に戻ります。(右記図2参照)

図2. 食事制限1ヶ月後の体の状況(停滞期)図2. 食事制限1ヶ月後の体の状況(停滞期)

停滞期までの流れ


挫折からリバウンドへ

ダイエットを挫折し、食事量が元に戻ります。 しかし、「ホメオスタシス」はまだ働いているのです。

つまり、ダイエット前よりもエネルギーを使わない体になっているため、エネルギーが余分にあると体は錯覚を起こし、余分なエネルギーが脂肪へと蓄えられるのです。 (右記図3参照)

図3. リバウンド時の体の状況図3. リバウンド時の体の状況

 


リバウンドからの悪循環

しかし、リバウンドの怖いところはここから始まります。
食事制限をしたことにより、脳の満腹中枢機能にもズレが生じ、ダイエット前の食事量では満足できず、気がつかない間に食事量が増えてしまいがちになります。
この結果、ダイエット前と同じ体重に戻ったり、ホメオスタシスのために太りやすい体質になり、さらにダイエット前より体重が増えるという悪循環に陥るケースが多いのです。
 

食事制限によるリバウンドのリスク

・元の体重に戻る
・太りやすい体質へ変化(ホメオスタシスの継続)
・余分な脂肪の増加
・満腹感が得られず、食事量が増える


ダイエットの気になる用語集


体脂肪率

体重のうち、体脂肪の重さが占める割合です。
主な体脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪が挙げられます。

体脂肪率判定基準

※Lohman(1986)および長嶺(1972)によって提唱されている肥満判定の値を参考にしています。
※体脂肪率の判定基準は男女で異なります。


皮下脂肪率

体重のうち、皮下脂肪の重さが占める割合です。皮下脂肪はお腹、二の腕、お尻、太ももにつきやすく、必要以上の貯蓄はプロポーションの崩れの原因となります。


内脂肪率

内臓の周りについている脂肪の重さが占める割合です。この数値が多いと、プロポーションの問題だけではなく、生活習慣病の問題にも係わってきます。これを表示する内脂肪レベルを低いレベルで保つことが健康管理の大きなポイントです。


BMI

肥満度を示す国際的な基準です。
登録された個人データの身長のと測定した体重から算出します。
BMIは「22」が理想とされています。

BMI計算式

BMI=体重(圈法狄板后複蹇法狄板后複蹇

あなたの適正体重計算式

適正体重=身長(m)×身長(m)×22

※ベスト体重には個人差があります。 計算した数値の±10%で見てください。


料金について

チケットチケット

施術名

通常価格
(税別)

メディンカルローン
分割払い事例(税込)

【医療ダイエットコース】
脂肪溶解注射(お腹上下12本コース)

ダイエット点滴(7回)

ゼニカル内服(84錠)

 

215,000円

[支払回数/30回]
初回  :10,978円
2回目〜:9,100円

※分割払いは「メディカルローン」をご利用の場合のみ可能です。詳しくはこちら

(消費税別)


メディカル(医療)ダイエットについてよくあるご質問

脂肪溶解注射は副作用はありませんか?

大豆由来の天然成分ですので大豆アレルギーの方は、ご相談ください。

リバウンドが怖いのですが・・

脂肪溶解注射(メソセラピー)は、脂肪細胞そのものを小さくしたり、また数を減少させるため、リバウンドの心配も要りません。

脂肪溶解注射(メソセラピー)は痛みがありますか?

痛みはあるようです。施術直後は腫れがありますが1週間程度で治まります。


通話無料のフリーダイヤル(携帯電話・PHSからも無料です)
0120-63-0031


このページの上へ戻る

神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-9-10 曙ビル3F
横浜駅西口より徒歩3分

地図(横浜駅徒歩3分)

 ・初診料無料
 ・完全予約制
 ・土日・祝日も診療
 ・クレジットカードOK

お支払方法について

診療の流れ

土日・祝日もお問い合わせ・ご予約を受け付けています
オンライン予約
オンライン予約

トップページ

料金一覧・お支払い方法

院長紹介

院長ブログ

クリニック紹介

診療の流れ

オンライン予約

無料メール相談

しわ・たるみ

毛穴・シミ/美白・美肌

メタボリック・ダイエット

脂肪溶解注射(メソセラピー)

ニキビ・ニキビ跡

ホクロ・シミ・あざ・そばかす

ピアス・ボディーピアス

光治療 (タイタン)

光治療 (ジェネシス)

医療ダイエットコース

医療ダイエット薬 処方

プラセンタ注射・点滴

点滴外来

にんにく注射

サイトマップ

ヒアルロン酸注入

コラーゲン注入

ボトックス

マクロピール

イオン導入

よくあるご質問

個人情報保護方針